近畿大学 理工学部 応用化学科

応用化学科の教育と特色

1. 応用化学科における教育の概要とアドミッションポリシー

応用化学科は、「実験重視」を柱とした実践的教育を行なっています。また、学生の自立や自発的学習を誘導する内容を盛り込み、技術者の倫理教育も行なっています。一方、ディスカッション・コミュニケーション能力を修得できるよう学生間での発表や討論が必要な科目を設置し、広い視野と柔軟な思考力を養うために学外講師による集中講義を実践しています。現代社会で必須とされるパソコン関連の授業についても、KUDOSを活用した情報処理科目を開講しています。また、4年生では最先端の実験研究に取り組む「卒業研究」を行います。

応用化学科は、社会の要求に応える実践力を有し、国際的に活躍できる化学技術者の育成を目指しています。このために、次のような入学者を受入れます。

  1. 化学の発展に携わる国際的にも通用する技術者あるいは研究者になるという明確な意志と目標を持った人。
  2. 科学技術の社会に対する貢献と危険性の双方を理解し、的確な判断ができる倫理観を持つ人。
  3. 高等学校教育における数学と理科の学習内容について、しっかりとした知識や能力を身につけている人。
  4. 共同作業を伴う実験・研究において、積極的にコミュニケーションが取れる協調性のある人。
  5. 価値観の異なる考えを理解できる広い視野と柔軟な思考力を持つ人。
  6. 応用化学科の学習・教育目標を達成するための勉学に、意欲的・自主的・継続的に取り組める人。

 

2. 応用化学科のディプロマポリシー

応用化学科は、社会の要求に応える実践力を有し、国際的に活躍できる化学技術者の育成を目指しており、厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営しています。開講された科目を履修して、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. 関心・意欲・態度
    1)化学技術者として社会に対し貢献する意欲と実行力を備えており、
      自主的かつ継続的な努力によって問題解決できること。
    2)化学技術の社会に対する貢献と危険性の双方を理解しており、高い倫理観のもとに職務を遂行できること。
  2. 思考・判断
    1)積極的なディスカッションを通して、課題をさまざまな角度から分析し、
      高度な専門知識を駆使して課題解決の計画を構想し、遂行できること。
    2)分野の異なる複数の技術者との共同作業において、他のメンバーと協調しながら
      プロジェクトの企画・立案・遂行に至る一連のプロセスを実行できること。
  3. 技能・表現
    1)研究内容に関する問題や要点を明確に文章化し、ディスカッションならびにプレゼンテーションできるとともに、
      諸外国の技術者とも交流を行える基礎的な技術英語力を身につけていること。
    2)化学技術情報の収集、データ解析、レポートやプレゼンテーション資料の作成等に、
      コンピュータ利用技術及び情報処理技術を活用できること。
  4. 知識・理解
    1)数学、物理学、化学、化学工学系科目の基礎知識を、専門的な課題の解決に統合的に活用できること。
    2)化学に関する基礎的な専門知識と実験技術を身につけており、
      これらを活用して複雑な問題を解決する能力と実行力を備えていること。

3. JABEE認定プログラム

応用化学科の教育プログラムは、日本技術者教育認定機構(JABEE)に認定を受けています。JABEEとは、学科の教育プログラムに一定の基準を設けて内容とレベルを審査・認定する機関で、国際的に通用する技術者の育成を目的としています。応用化学科の入学生は、全員が「応用化学科 日本技術者教育認定機構認定プログラム」を履修します。したがって、応用化学科の卒業生は国家資格である技術士の第一次試験が免除される「修習技術者」となります。

4. 研究による教育

大学名 関西 国内
京都大学 1 2
大阪大学 2 3
神戸大学 3 13
大阪市立大学 4 20
近畿大学 5 28
大阪府立大学 6 38
立命館大学 7 54
関西大学 8 102
同志社大学 9 103

応用化学科では4年生になると全員各研究室へと配属されます。卒業研究では即戦力の技術者・研究者を育成することを目的として、共同利用センターや学科内に配備された最新の分析装置を駆使しながら、各研究室で最先端の研究が活発に行われています。その結果、私立大学としては高い大学院進学率を誇っています。なお、近畿大学としましては、研究のみで大学を評価する機関(University Ranking by Academic Performance)で表のように評価されており(*2013年4月現在)、関西・近畿圏にある大学の中でも非常に高い研究力を有していると評価されています。

Page Top