近畿大学 理工学部 応用化学科

学習・教育到達目標

応用化学科独自の教育方針を基礎として、本学科が育成しようとする技術者像を示すとともに、修了生が身につけるべき素養・能力を具体的に示したものが「学習・教育到達目標」です。

具体的な学習・教育到達目標の内容は以下のようになります。なお、カリキュラムのページにこれらの学習・教育到達目標とカリキュラムの詳細な関連を掲載しています。

  1. 科学技術が地球環境の保護を前提とした人類全体の幸福をもたらす手段の一つであることを理解し、それに携わる技術者として社会に対し貢献する意欲と実行力を備えている。価値観の異なる他者の考えを理解できるだけの広い視野と柔軟な思考力を持つよう努力しながら、自らの問題解決能力を高めるための学習を、自主的かつ計画的に継続することができる。
  2. 科学技術、なかでも、化学工業が社会を便利で豊かなものにしてきたという事実とそれが社会および自然環境の犠牲をともなってきたという事実を理解し、将来的に科学技術が社会に対して与えうる危険性を排除しつつ最大の利益を生むためのあり方について、考え続けることができる。
  3. 数学、物理学、化学、化学工学系科目の基礎知識を身につけ、専門基礎科目の理解、実験および演習課題の解決に対して統合的に活用することができる。
  4. 専門基礎科目および実験実習科目を通じて基礎的な専門知識および基本的な実験技術を身につけており、これらの知識や技術を活かして、複雑な問題を解決する能力と実行力を備えている。
  5. 物質の開発および応用を扱う合成化学および材料化学の分野における専門的知識を身につけている。他者との多くのディスカッションを通して、課題をさまざまな角度から眺め全体像を理解した上で、解決のための計画を構想できる。専門知識を駆使してその計画を遂行し、課題を解決できる。
  6. 複数の分野が関連する境界領域における技術開発の重要性が高まっている現状を理解し、分野の異なる複数の技術者との共同作業を必要とする問題に直面した際に、問題提起からプロジェクトの企画・立案、遂行に至る一連のプロセスを実行できる能力と、全ての段階において、他のメンバーと協調しながらプロジェクトを遂行する能力を身につける。
  7. 計画立案、実験、データのまとめ、得られた結果についてのグループディスカッション、成果の発表といった様々な場面において、問題ならびに要点を明確に文章化し、ディスカッションし、プレゼンテーションすることができる。科学技術英語の読解、表現法について、その基礎力を身につけており、諸外国の技術者との交流を行うことができる。
  8. 文献情報データベースをはじめとする化学技術情報の収集、データ解析およびレポート作成ならびにプレゼンテーション資料作成等に、コンピューター利用技術および情報処理技術を活用することができる。

学習・教育到達目標およびカリキュラム編成上の特色とその評価方法の詳細は、下のリンクから確認して下さい。

 学習・教育到達目標およびカリキュラム編成上の特色

 学習・教育到達目標とその評価方法

Page Top