2018年11月14日

第2回近畿大学エネルギーフォーラム

近畿大学エネルギーフォーラムが以下の要領で開催されます。

プログラム ポスター

⽇時: 2018年11⽉24⽇(⼟) 10:00〜18:00
場所: 近畿⼤学東⼤阪キャンパス11⽉ホール⼩ホール
主催: 太陽光利⽤促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成プロジェクト
共催: 原⼦⼒研究所、バイオコークス研究所、理⼯学総合研究所、世界展開⼒強化事業(ロシア)事業運営委員会

<プログラム>
開会の辞: 藤原尚(近畿大学副学長)
講演1:「ヘテロナノ構造型光触媒で駆動される酸素および水素サイクル化学」
  多田弘明(理工学部応用化学科)
講演2:「水素エネルギー社会に向けた取組み」
  佐藤康司(JXTGエネルギー㈱中央技術研究所)
講演3:「バイオコークスによるエネルギーミックスと長期備蓄へ」
  井田民男(バイオコークス研究所)
講演4:「放射線の健康影響」
  松田外志朗(原子力研究所)
講演5:「宇宙とエネルギー」
  石橋明浩(理工学総合研究所、理工学部理学科物理学コース)
特別講演:ミカイル イッキス教授(ロシア・合同核研究所副所長)
基調講演:ユーリイ オガネシアン教授
  (フレロフ原子核反応研究所サイエンティフィックリーダー)
閉会の辞:山口仁宏(理工学部長)

2018年11月6日

シンポジウム「構造解析におけるアンサンブル」を開催

「キラルなルミネッセンス化学に基づくイノベーション創出と人材育成」プログラム(代表・理工学部応用化学科 今井喜胤)、平成30年度「学際研究」・「課外セミナー」、第15回光エネルギーセミナーとして、シンポジウム「構造解析におけるアンサンブル」を、平成30年10月26日、開催いたしました。本シンポジウムの運営は、学内研究助成金・21世紀教育開発奨励金(教育推進研究助成金)「キラルなルミネッセンス化学に基づくイノベーション創出と人材育成」プログラムの参加学生が行いました。参加者は、104名に上り、大盛況のうちに、終了いたしました。

2018年10月19日

平成30年度 第8回応用化学セミナーの開催について

平成30年度第8回 応用化学セミナーは、就職ガイダンス「就活実践対策」です。
応用化学科4年生の山本華愛さん(凸版印刷(株) 内定)も体験談を話します。

日時:平成30年10月25日(木)3限目
場所:11月ホール 大ホール
レポート課題:「内容の概要と感想」
レポート用紙は会場で配布します。
レポートは、10月25日(木)、午後7時までに38号館-S707前の箱に提出して下さい。
問合せ先:「平成30年度 応用化学セミナー」担当 中井